バストアップしたいなら、まずは低体温を解消

バストアップに効果があるといわれるマッサージやツボ押し、バストアップ体操を頑張ったり、良いと聞く食品やサプリメントをせっせと摂ったりしてもなかなか効果が現れない人もいます。

個人差はしかたないのですが、でも思い当たるものは積極的に排除していくことが得策です。

その効果が出にくい人の傾向性のひとつとして、「低体温」が上げられます。

レモン

現在は女性の低体温化が問題になってきており、
基礎体温が36.0℃を下回ると要注意。

女性ホルモンは卵巣で作られていますが、卵巣は体温が温かい状態でないと
うまく働きません。

低体温が続くと卵巣の機能が低下し、うまく女性ホルモンが分泌されないため、月経不順や無排卵、不妊症と、女性にとって辛い症状が出てきます。

女性ホルモンの分泌が少ないと、バストアップにも効果がでにくいのは想像できますね。

低体温気味な女性はどうしたらよいか。

運動して筋肉量を増やす
体温を上げるのに有効。でも、運動が苦手な人には不向きです。

ふくらはぎ・お腹を温める
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、下半身に溜まりがちな血液を心臓まで返す働きがあります。
足首をひねったり、貧乏ゆすりをしたり、かかとの上げ下げで循環を高められます。
と同時にふくらはぎ自体を温めるとより効果的です。

また、お腹には女性にとって大切な卵巣や子宮があるので、
夏でも腹巻などで冷やさないようにするのが大切です。

ヨガをする
血液の循環をよくし、体を温める効果があります。

ホットレモンを飲む
体が温まる+美容効果も

レモン2

レモンに含まれるクエン酸は、新陳代謝を高め、冷えの解消のお手伝いも。
ホットにすることでより体も温まります。

ホットレモンの作り方
レモン1/2の果汁+コップ1杯のお湯に
お好みによってはちみつをプラス

 

夏場も暑いからと言って冷たいものばかり飲まないように、
あったかいドリンクで体をいたわってあげましょう。
中国ではウーロン茶は温かいのが当たり前で、冷たい飲み物は体を冷やし良くないとされています。
さすがは4000年の歴史です。こういうところは積極的に見習いたいところですね。

こんな感じで誰でも実行しやすいものばかりです。
頑張っているのになかなかバストアップの効果が現れない人は、
まず基礎体温をあげることから始めてみてくださいね。
効果が現れたらしめたもんです。体調も良くなって一石二鳥ですよ。