今やパソコン・スマホがかかせない生活です。
今回試したのはファイテンの「カシス5000」
目がぼんやりしたりスッキリしないなど、目の疲れにこれからはカシスですね。

私は目のほうは疲れやすくて乾燥しやすくてブルーベリーサプリを長年愛用してるんですが、こちらの「カシス」も気になってたところです。
いい機会なので、ブルーベリーとどう違うのかちょっと調べてみました。

cassis02
カシス5000(1ケース10本入)
(半分ほどそそいでみました)

まずはカシス5000を飲んでみての感想から

アルミボトルに100ml入ってます。微炭酸。
カシスドリンクやカクテルって飲む機会案外ありますよね?
お味は想像通り甘酸っぱくておいしいカシス味ですw(カシス果汁25%ですから)

甘酸っぱいけど、微炭酸で後味はスッキリ。

どこでも手軽に飲めるのがいいですね。
今回お盆のお出かけに
車に乗りながらパンとカシス5000を両手にもぐもぐゴクゴクやってました♪

 

cassis01

内容量・サイズ
1ケース(100ml×10本入り)
エネルギー15kcal (1本100mlあたり)

成分・素材
カシス、エリスリトール、ガラクトオリゴ糖液糖、タマネギ外皮エキス末、炭酸ガス、V.C、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、V.E、ヒアルロン酸、クエン酸
技術:ベースウォーター

カシスにはアントシアニンがブルーベリーの約4倍も含まれているんだとか!
このポリフェノールをはじめ、ヒアルロン酸、ガラクトオリゴ糖、ヒアルロン酸、タマネギ外皮エキス末など、女性にうれしい成分満載です♡

タマネギ外皮エキス末についてはこちらを見てね。

cassis03

カシスとブルーベリーの違いは?

調べてみました。
カシスはブルーベリーと同じくベリー類です。
写真で見た感じではブルーベリーと違いがわかりません(汗)
上のボトルに描かれた絵を見ても「あれ?ブルーベリー?」って思いますよね。

しかし、びっくり、なんと目に有益とされるアントシアニンがブルーベリーより量も種類も多く含まれており、カシスのほうが優秀なのです!
知りませんでした~。
(アントシアニンの種類はブルーベリーのほうが多いのですがその量は微量なものがほとんど)

中でも紫外線量が日本の約7倍もあるニュージーランドで育ったカシスには、アントシアニン以外にも多くのポリフェノール、その他の栄養素が豊富に含まれています。

そうなんだ~
でもなんで日本ではブルーベリーが有名なんだろう???

その謎も解けました。
生産地の関係のようで、カシスはポーランドやロシアで多く、ブルーベリーはアメリカやカナダが主な生産国なんだって。そして、日本の風土もブルーベリーのほうが適しているとか。
どうしてもアメリカからの影響が大きいということです。

ううむ、少しでも効率的にいいものを摂取したいと私は思ってしまいますね。

目の疲れを感じる方は、これからは「カシス」も注目しましょう♪

目の下のクマにも「カシス」がおすすめ

また、目の下のクマにもいいという研究結果もありました。
血流を向上させることが確認されたそうで、
その結果クマ対策にもおすすめなのですね。
顔面の血流が向上ということで血色やエイジングケアも期待できるかもしれませんね。
ワクワク♡

アントシアニンはどちらかというと「即効性」の成分のようで
疲れたなと思った時に摂取しても実感しやすいみたいです。

疲れは目に出ます。
きたー(汗)って時に美味しく飲んで目もとリフレッシュにも!

働く女性のキレイ習慣「カシス5000」は
1本単体売りと10本セットがあるのでお試ししやすいですね。



カシス5000(1ケース10本入)

カシス5000(1本)

※記事内容は個人の収集によるもので、効果・効能を示すものではありません。

 

※ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ