ティーコラーゲンタンパク質の一種で、タンパク質は人間の体を形成している割合が水分の次に多いのです。そのタンパク質の30パーセントはコラーゲンです。

皮膚、内蔵、骨など、コラーゲンは体のあらゆる組織に存在します。

コラーゲンは網のような形で真皮内に張り巡らされ、引っ張ることで肌に張りと弾力を作ります。この引っ張る役割は「線維芽細胞」が担っています。

この「線維芽細胞」ですが、加齢により衰え、線維がゆるむと、肌の弾力がなくなってしまいます。またコラーゲンそのものの量も減少していきます。
それに対抗していくためには、コラーゲンなどを積極的に摂取していかねばなりません。

摂取したコラーゲンは一旦アミノ酸に分解され、色んな過程を経て一部が「線維芽細胞」に取り込まれてコラーゲンを作ります。
この時にビタミンCなどの栄養素も必要になるのです。
杜仲茶」の杜仲の葉にもコラーゲンの生成を助ける働きがあるようです。

ひと口にコラーゲンと言っていますが、摂取するコラーゲンも色々で、大きく分けて鳥、豚、牛、魚があります。鶏の手羽先のスープや魚の煮こごりなんて有名ですよね。他にも、すじ肉、豚足、ふかひれなどなど・・・

この中でも魚からできたフィッシュコラーゲンがより安全性・吸収性が高いとされます。コラーゲンの健康食品を購入される場合はフィッシュコラーゲンがおすすめです。

また、摂取する時間なのですが、夜寝る前が1番効果的だと言われます。
夜10時から夜中の2時くらいに成長ホルモンが多く分泌され、肌や体の組織が再生されるので、その前に摂取し睡眠をとることが1番理想的ですね。

最近は多くの人が夜型になっていますのでできるだけ意識して早めの就寝を心がけてください。