小花皮膚科でしみ治療に処方されるトレチノインハイドロキノン
その役割について簡単にご説明します。

両方、しみに効果があるので併用される場合が多いですが、
トレチノインは皮膚をはがし、ターンオーバーを早めてしみを薄くしていきます。別名レチノールというビタミンA誘導体と言います。

トレチノインは老化角質をはがして皮膚の細胞分裂を促進させる働きがあり、日焼け時の肌が赤くなる感じになってその後ぽろぽろと皮がむけてきます。

また、ハイドロキノンは皮膚そのものを漂白していきます。

皮膚のターンオーバーを早めて、深層部にある色素を上に浮き上がらせ漂白し、取り去っていくという感じです。

どちらも肌にとって刺激性があるようなので(特にトレチノインはきついので注意)配合量や、使用方法には注意してご使用ください。