チェ・ジウさんがTVCMにも出演しているR&Yの「プラセンタ100」。

プラセンタ100コラーゲンを超える美容成分プラセンタ。さっそくトライアル用を試してみました。
高濃度プラセンタ100」はソフトカプセル型なので、飲みやすい!っていうのがいいですね。
試したのは1シートに10カプセルで5シート入り。計50粒です。

R&Yのプラセンタ100はプラセンタサプリの販売シェアが71.7%の圧倒的売り上げNo.1だそうな。

でもプラセンタって、美容や健康にいいのはわかっていてもコラーゲンサプリと違って「お高い」イメージがありますよね。
実際、毎日続けるものとして高価だと続けられません。

そこで、自分にあっているか試せるトライアルがあるのはありがたいです。プラセンタは半月も試すとお肌や体調などに違いが実感できる人が多いと思いますからお勧めします。
プラセンタ100

また、プラセンタ100はカプセル状なので飲みやすいのがいいですね。
毎日のことだから「飲みやすさ」ってやっぱり大切。

私は他社の粉末状のプラセンタも飲んでいますが、味は相当「まずい」です(笑)。
同時に飲みだした友人は早々にリタイア(笑)。

プラセンタ100のプラセンタ含有量は

R&Yのプラセンタ100も決して安いとは言いませんが(それでも安いほう)、高濃度50倍濃縮を実現しています。

4粒あたりのプラセンタ原料=36,000mg!

といってもこれが多いのかどうかは素人の私にはわかりません。
詳しく書き出してみると、

  • プラセンタ1粒にプラセンタ原末(豚由来)が180mg含まれています。
  • いいプラセンタサプリの見分け方は「原末」かどうかってところがポイントみたいです。
  • この原末は独自の製法でプラセンタ原料(液体のようです)から水分などを飛ばしプラセンタを50倍に濃縮しているそうな。
  • カプセル内は100%プラセンタ原末です。

1粒:180mg×50倍=9000mg
1日4粒摂取すると36,000mgのプラセンタになります。

EGF・FGFを自然含有

プラセンタにもともと含まれている美容成分EGF・FGFを壊さない状態で濃縮原末化しています。

他にヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸・核酸・ビタミン・ミネラルもたっぷり。
これらの美容成分が一度に摂れちゃうんですね。

EGF:人間が本来持っている上皮細胞を再生させる因子(新しい細胞産生を促すペプチドのひとつ)のこと。

FGF:線維芽細胞増殖因子です。EGFが角質層の下の表皮で作用し、表皮細胞の再生を促進するのに対し、FGFは表皮のさらに奥にある真皮で作用し、線維芽細胞を増殖します。

核酸:細胞の新陳代謝をスムーズにする成分で、細胞の増殖、たんぱく質の合成、細胞の活性化を促進します。

 

豚由来プラセンタ

コラーゲンの場合、豚より魚由来のほうが人気がありますが、プラセンタは哺乳動物特有の「胎盤」のことです。

馬由来のものもあるようですが、豚のほうが人間とサイズ・遺伝的に近いということから、実は皮膚や臓器の実験ではほとんど豚が使われているとか。
プラセンタは「豚」がより安心なんですね。

 

 

飲み方は

飲むタイミングはいつでもOK。
でも、美容方面から考えると寝る前が1番いいんじゃないかなと私は思います。
1日4粒から。そこから減らしていくといいみたい。

最初に多めに飲むのはコラーゲン摂取でもよく言われますが、体の表面(皮膚)に違いが出るまでに臓器など内部から満たしていくわけで、足りていない人ほど表面への効果が遅くなるんですよね。

少なめに飲んでいると効果を実感できないまま過ぎちゃうこともあるんです。なので初めは多めに摂る。これ、美容成分摂取方法のポイントですね。

ぜひ「高濃度プラセンタ100」トライアル50粒は、ケチらないで1日4粒で飲みきって変化を実感してほしいなと思います。

 

プラセンタを飲んで実感できたこと

私にとってプラセンタはほんと「タマゴ肌」ってものを実感できた成分なんです。

コラーゲンはお肌がもっちり・しっとりするのを感じられますが、プラセンタはそれらはもちろん「ツルツル!!」。もうビックリマーク大放出のツルツルが実感できました。(個人差はもちろんあります。私の感想です)

それと、お酒を飲んだ翌朝、二日酔いが軽くてすむように。
また毎朝元気に目覚めるようになった気がします。

私にとって美容と健康にプラセンタはもう欠かせないサプリになっています。

 

30粒入りチェレンジパックでお手軽に試せます♪