喉が渇くとシュワシュワ~っとした喉越しが快感の
炭酸飲料が飲みたくなりますよね。

なんと炭酸をふくんだ水には
爽快感だけでなく疲れを取る効果もあるらしいのです。
知りませんでした~。

炭酸水

夏場、「炭酸飲料を取りすぎるとよくない」という
イメージだけを持っていた私ですが、
これはうまく取り入れたほうがいいなと考えを改めました。

でも、ビールやコーラをがぶ飲みすると、
アルコールや糖分の取り過ぎになり、
肥満にもつながって逆効果。

出来れば「炭酸水」がおすすめです。

私は妊娠中、できるだけ太らないように
飲み物に気をつけていましたが、

水だけでは我慢できなくなって
炭酸水に「ポッカレモン」を入れて飲んでいました。
これ大正解だったんですね♪

では、なぜ炭酸が疲労回復にいいかを説明しますね。

炭酸水=炭酸ガスが含まれている水です。

疲れを感じる「疲労物質」というものがありまして、

有名なのが「乳酸」です。
これはみなさんお聞きになったことあると思います。

そして、水素イオンも疲れが溜まると
乳酸同様に血液を酸性にしてしまいます。

この水素イオンを取り除いて
血液をアルカリ性にしてくれるのが

炭酸ガス」なのです。

血液は弱アルカリ性がベストなのです。

また、炭酸ガスは
皮膚からも直接吸収され血管を広げるので、
毛細血管まで血流をよくし、
肩こり・筋肉痛・むくみ・血色不良の改善に
効果的なのです。

マッサージフォームや入浴剤にもよく使われているのは
本当に効果があるからなんですね。

フットマッサージフォームがシュワシュワするくらいで
足のむくみが取れるのかなあ・・・とか、
炭酸ガス入りの入浴剤は疲れを取るって
普通の入浴剤とそんなに違うの?って思ってましたが、
皮膚から吸収されやすいというところからちょっと納得です。

しかも、炭酸ガスは弱酸性で保湿効果もあるらしく、
抗酸化作用・アンチエイジング効果も期待できます。

炭酸は飲むのもお風呂にも疲労回復効果がいっぱい。
うまく利用したいですね。