「いつものおりものと違うな」と思ったら要注意!

気になるおりもので多い症状をピックアップしました。


カンジダ膣炎

おりものの異常で1番多いとされます。

症状・・・豆腐カスのような白いおりもので、外陰部に付着しかゆくなります。

カンジダは「真菌類のカビの一種」で普段から膣内に存在しています。
これが風邪や疲れなどで抵抗力が低くなった時などに増え、発症します。
また、抗生物質を長期使用しているとカンジダ膣炎にかかりやすいと言われます。

治療方法・・・婦人科の病院を受診し、処方される薬を使用。
        ・膣内に膣錠(少し大きめの錠剤)を入れる。
        ・外陰部に軟膏を塗る。
        ・経口内服薬を服用する。

最近では薬店で買える膣錠があり、これは再発の場合にとても便利ですが、
初めてのときは「カンジダ膣炎」の症状なのか自分ではわからないので
病院をおすすめします。


トリコモナス膣炎

症状・・・淡黄色~緑色膿を持ったおりものが増え、悪臭がします。
      泡状のおりものが混ざったりします。

原因は「性交感染」が多く、「トリコモナス原虫」が膣内に感染して起こります。
なのでトリコモナス膣炎になった場合は、「パートナー」も必ず治療を受けることです。
男性にはほとんど症状がでないようなので放置してしまいがちですが、
相手の女性にとってはとても辛いことなので治療する必要があります。

治療方法・・・婦人科の病院を受診し、処方される薬を使用。
        ・膣内に膣錠(少し大きめの錠剤)を入れる。
        ・外陰部に軟膏を塗る。
        ・経口内服薬を服用する。


淋病

症状・・・黄色いおりものが出て悪臭がします。
      排尿時に不快感があったり、膣口の近くにアル「バルトリン腺」が腫れて
      痛む場合もあります。

感染は主に性交渉ですが、淋菌の「膿がついた手」などからも感染します。
淋菌は「ナイセリア双球菌」という病原菌ですが、
症状が進んで淋菌が子宮に入ると
炎症を起こし腹膜炎・子宮外妊娠・不妊症の原因になります。

症状が現れたら早急に専門医を受診してください。

すぐに病院にいくのもなかなか勇気が出ない場合は
まずは 性病検査 STDチェッカー 等でチェックしてみてください。
検査結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)で確認できます。

結果が陽性なら迷わず受診する気になると思います。
悩んでいるうちに症状が重くなったら大変なので、チェッカーでのチェックを
ぜひおすすめします。


茶色いおりもの

ストレスや疲れなどで女性ホルモンのバランスがくずれると
生理の周期が乱れることがあり、その関係で茶色いおりものが出る場合も
多いです。

この他にも茶色いおりものは「子宮ガン」などの病気も考えられますので
続くようなら念のため婦人科を受診ください。

自治体によって違いますが、30歳以上、40歳以上、2年ごと・・・
というように子宮がん検診が少額で受けられますのでそちらもご利用ください。
(各自治体の保健所のHPで確認できます)

 

感染が不安・・・でも、病院へ行けない方に。性病検査STDチェッカー