鮭は美肌と疲労回復にとってもいいようです。

鮭はもともと白身の魚。
川を逆流して上っていくために身が赤いのだけれども
力を使い果たしたら白身に戻ってしまうのだそうな。

サーモン

Smoked Salmon Canape / FotoosVanRobin

この赤い色素はポリフェノールの一種で、コエンザイムQ10の1000倍もの美肌パワーがあるとされるアンチエイジングで話題のアスタキサンチンです。

松田聖子さん・中島みゆきさんでCMでもお馴染みの化粧品「アスタリフト 」に含まれているのは有名ですね。

このアスタキサンチンは「油」と一緒に摂取すると吸収力がアップすうるそうで、鮭をそのまま焼くよりはオリーブオイルなどで焼いたほうが美容的にはお得なようです。
バターで焼くのもおいしいですよね。

またスタキサンチンとは別に「疲労回復」に高い効果がある物質アンセリンも含まれており夏バテ・秋バテにもとってもいいようです。

アンセリンはブドウ糖・クエン酸といっしょに摂ると吸収率もアップ。
ブドウ糖・クエン酸ってなんだか難しそうに思えるけど、実は超簡単。

鮭鮭の塩焼きをご飯(ブドウ糖)で食べて、梅干(クエン酸)も食べたらOKってことです。
普通の日本の朝食って理にかなってるんですね。

最近はこれらの効果がヨーロッパの人たちにも浸透してきており、
鮭は大人気のようです。
美肌と元気のためにも鮭はもっと頻繁に食べるようにしたいですね♪

焼鮭 / yoppy