プロゲステロン(progesterone)とは、ステロイドホルモンの一種です。

一般に黄体ホルモンと呼ばれ、卵巣の黄体で合成されます。

黄体ホルモンの主な働きは
排卵を抑制するはたらきがあり、女性の体を妊娠の準備をするように変化させ、
妊娠があった場合は出産までの間、妊娠を維持させることです。


子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達や体温上昇などに関わっています。
血糖値を正常にして、体脂肪を減少したり、利尿作用もある他に、
他のホルモンのバランスを調整する役目をもちます。

さらに注目すべき作用として

プロゲステロンは男性ホルモンから派生するdihydrotestosterone(DHT)や卵胞ホルモン(エストロジェン)の細胞増殖作用や毒性を抑制する働きがあるので、子宮筋腫や前立線肥大を軽減させたり、癌化を防ぐ作用があることが確認されています。

プロゲステロンの作用を促進するハーブにチェストベリーがあります。